2008/01/08:ハイネ-OT戦
by yuki_mit | 2008-01-09 02:26 | lin/rig
今日はハイネ防衛→OTへ転戦です。

ハイネ防衛は暇でした。
という事で相手を求めOTへ。

OTはFTFとαがいたようです。
人数はExp30+で他はそれよりちょっと少ないくらいだったのかな?
結果はExpの勝利です。

OT布告後はさっと門を抜けれて直後から門防衛です。
でも直ぐに攻めがこなかったのでもしやハイネに行っちゃった?
と思った頃に攻めが来ました。
丁度防衛隊形を大コ字型に変えてた時で攻めが来る前には
隊列を整え終わっていました。
で、大コ字型のまま門防衛です。

大コ字型は門に近い場所程攻撃を受けやすいですが、
その場所にいた人はイレキャン受けまくりだったようです。
それだけならいいけどメイプルも結構振られてましたし。
今回は「グリッド」がそのポジションで頑張ってました。
イノシシのまま耐えたりドワで耐えたりと頑張り過ぎ。

素早く入れ替わった方がいいと思うけどそれを見てた
「天死君」がコ型の内側から位置換えをしようとしていたようです。
でも丁度そこら辺のタイミングで敵前衛が突入来てしまい
そこからは乱戦って感じです。
なし崩し的に大コ字型から通常の防衛ラインに戻ってしまったせいか
後衛が前に来すぎて前衛が門の位置まで押し出されるような
感じになってました。

態勢を立て直すのも難しいしこのままの勢いを維持した方が
いいと判断したのかまたは別の理由からか
そこで更に突撃する事になりました。
完全に門の外まで出ちゃうという事です。

ここからは私は殆ど何もやってないような状態でした。
ブックマーク地点が敵と被っている為イミュして飛んでも
直ぐに町に戻る破目になったり、相手の人が群れてるとこに行って
FSしようとしたらエリア中で何もできずに帰還とか
同じように進んでたら途中でバインドされて何もできないとか
飛んで直ぐイレキャンされて何も出来ないとかそんなんばっかでした。
OTでもブックは2箇所はあった方がよさそうですね。


[新影]
狩りの方はナイトをちょこっとやってました。
装備を現時点での最高の物を揃えて新影に行ってみました。
悪くはなかったです。
けど、とりあえずLv45だと+6b-slsでは空振りが多かったです。
なので途中から+6MBに変えてやってました。
空振りするよりかはMBで確実に当てた方が多分いいです。

新影は消費は激しいですが、立ち回り次第では消費を少し
減らせそうでした。
結構逃げられてしまうので位置取りが重要になります。
位置取りというのは敵の後ろに壁などを配置するような
位置取りです。
基本的に攻撃してくるPCの反対方向に逃げるように
なっていますが、逃げた先で壁にぶつかると逃げるのをやめます。
この状態だと逃げられずに倒せるのでいかにこの位置を
キープできるかがポイントになります。

位置取りといえば場所も大事です。
ペアなら歩き回っても大丈夫かもしれないけど
単騎だと歩き回ってると手に負えないくらいぞろぞろと
群がってきます。
消費が多くなるのは当然だけどそれ以上に耐えれなくなってきます。
なので前衛の単騎だと特定の狭い範囲で狩りをする事に
なると思います。
なんとなくここら辺は既存の影神殿と似てる気がします。

敵の沸く場所は固定ではありませんが、大体似たような場所に
出てくるのでそのポイントを軸に画面外に出るように移動する事で
ある程度沸きをコントロールできるようになります。
これは固定狩りなので殆ど既存影神殿と同じでしょうね。
向こうと違ってマップが広いし沸く量も多いので人がいなければ
このやり方がいいと思います。
人がいると予定外の敵がぞろぞろと流れてきたりするので
固定狩りはちょっと難しいです。

あと、前衛でも弓がいいかもしれません。
プリと違って命中は多分最大命中が確保できるくらいあると思うので
ひょっとしたらMB使うよりかはいいのかも。
それに弓を使う利点として動き回らずに済むという点もあります。
追いかけずに倒せるというのは新影では大きなポイントだと思います。
単純に追いかける手間が省けるという点もそうですし、
追いかけない事で新たに敵が増えないという点も
弓の大きな利点です。

これを踏まえると実は剣より弓の方がよかったり
するのかもしれません。
特にエルフだとこの恩恵が受けやすいですね。
でもサキュタイプが相手だと強制テレポされるので
自分から動かなくても飛ばされて敵が増える事がありそうです。

経験値の方は良かったのか悪かったのかはよく分りません。
Lv45で30分で40%程度だったのかな?
ちゃんと測ってみないと不明です。

とりあえず次回は弓で挑戦してみようと思います。
[PR]
<< 2008/01/10:新影 2008/01/07:ケント戦 >>